【公式】柑橘食品専門店 柚子屋本店 オンラインストア

橙(効能と機能)

橙の木

橙(だいだい)Daidai

柚子屋本店の”橙「だいだい」”は 特に人気のある商品のひとつで、 さわやかなさっぱりとした甘さが特徴の 自慢の逸品です。 料理に欠かせないだいだい酢や味ぽん酢、 ビタミンカラーが美しいだいだいマーマレード、 柑橘習慣など、 アイテムのバリエーションも豊富です。 橙(だいだい)という果実の 知られざる、特徴と機能をご紹介します。

橙果実イメージ

橙ってどんな果実?History

橙(だいだい)はミカン科の低木です。
インドのヒマラヤ地方原産で古くに中国から渡来しました。 世界中で広く植栽されており、ヨーロッパではサワーオレンジといわれて親しまれています。 果実は春になると再び緑色に戻り、「回青橙(かいせいとう)」とも呼ばれています。 萩の橙(だいだい)は、9月中旬から12月までが収穫時期です。1本の木に2代3代と続けて実を付けることから、 子孫繁栄を呼ぶ幸福の果実として古くから民家の庭先に植えてあります。又、代々栄えるという意味から正月の飾りつけとしても広く使われています。

柚子屋本店の橙(だいだい)へのこだわりと愛情

萩・北浦地方では、昔から刺身を橙(だいだい)の果汁で食べることが最高の贅沢とされてきました。 そして現在では、毎日の食生活で刺身や鍋物のほか、焼酎割り、蜂蜜を加えて水や炭酸水で割る健康飲料として愛用される方が増えております。 橙果汁には多くの機能性成分が含まれていることが発見されて以来、健康維持にも役立っています。

山口県の萩・北浦地方では・・・

柚子屋本店では厳選した萩特産の橙を、苦味が出ないように愛情を持って一玉ずつ丁寧に手搾りし、果汁の一部を生果汁のまま一定の温度で熟成させております。 当社独自の技法によって造り上げた『橙酢』は、独特のまろやかな味と、芳醇な香りに定評があります。普通酢のような、酢のタチ(鼻にツンとくる酢酸臭)が全くありません。さらに、天然のクエン酸が多く含まれていますので、栄養価が高く健康にも良いのです。


橙(だいだい)成分の諸機能




主要成分 機能
リモノイド 腫瘍増殖の抑制作用
ペクチン 腸壁にゼリー状の膜を作り、有害物質の吸収を阻害する
カリウム 癌予防・痴呆症予防・ストレス緩和・精神の安定
便秘予防と改善・利尿作用・糖尿病予防・高血圧予防と改善
カルシウム あらゆる生理機能の調整と対外排泄カルシウムの補給
ヘスペリシン 強力な抗酸化物質
ヘスペリシン(ビタミンP)+ビタミンC効果 相乗効果で癌予防効果を増強
リモノイド類 腫瘍抑制、解毒作用
ノビレチン 白血球の増殖抑制作用
オーラプチン 腫瘍細胞の抑制作用


ペクチン、カリウム(190mg/100g)、カルシウム(12mg/100g)の含有量が多い。 【比較参考(レモン):カリウム100mg/100gカルシウム7mg・100g



こだわりの橙果実を使った柚子屋自慢の逸品たち



前へ

搾り橙(橙果汁100%・200ml)単品

  • 10%OFF
  • 春セール対象
通常販売価格 ¥ 760 のところ
ネット価格 ¥ 684 税込
販売期間
次へ